どうして結婚指輪は左手の薬指に着けるのか

結婚指輪

どうして結婚指輪は左手の薬指に着けるのか

結婚指輪について

画像

結婚指をはじめブライダルリングは、左手の薬指に着けるのが古くからの決まりです。
ですから、指のサイズが合わなくなった時は、指輪をはめる指を変えるのではなく、指輪のサイズを調節するのが普通です。
左手の薬指は、ハートにつながる特別な指として考えられています。
これは、古代エジプト時代から始まった考えなのだそうです。
ですから、結婚という大切な誓いをする結婚指輪や婚約指輪は、薬指に着けるのです。
左手の薬指には、愛の力がたくさん出ていると信じられています。
結婚指輪をはめながら生活する日々は、夫にとっても妻にとってもそれまでの生活とは全く違う感覚です。
見えないけれど、いつも二人は強固な意図でつながっている、そんな感覚です。
長く大切に使って行けるような、丈夫で素敵な結婚指輪を用意したいものです。
変色や変質しにくく、傷もつきにくいプラチナもオススメです。
また、石を入れることもできますので、好きな石をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

結婚指輪について

画像